日本はもはや食の宝庫ですよね?寿司や刺身などの生物から、ラーメンやうどんなどの麺類まで、あらゆるグルメが揃っていますので、食の楽しみに関しては文句のつけようがないでしょう。

和食は、しばしば中華料理と混同されますが、それには理由があります。例えば、寿司は中国が起源ですが、現在のかたちの寿司の完成に大きな影響を与えた日本が、その発祥地として知られています。寿司屋が誕生したのも、中国ではなく日本です。ラーメンもまた、寿司と同じような流れです。日本の初期のラーメンには、中国式の小麦麺が使用されていました。

現在は、寿司にもラーメンにも世界中に多くのファンがおり、その要素は、音楽、アート、テレビゲーム、そして本日ご紹介するスロットマシンなどの、大衆文化にも取り入れられているほどです。

そう、日本の歴史、食、アートなどをテーマにしたスロットマシンはたくさんあります。これらのスロットマシンは、日本らしい精密さ/正確さを追求しているため、伝統的な和の音楽がBGMとして使われていたり、美しいシンボルが完璧に表現されていたりします。

もちろん、これらスロットマシンの開発者は、海外の企業もしくは外国人のクリエイターですが、決して日本の文化を馬鹿にしているのではなく、むしろ日本の文化を尊敬しているからこそ、可能な限りその文化を尊重し、忠実に再現しようとしているのです。

 

Hey Sushi (ヘイ・スシ)スロットマシンは、その好例です。財布を空にし、一銭も残さずプレイヤーを道端に置き去りにするという、危ない傾向がありますが(笑)、Hey Sushiは完成度の高いスロットマシンと言えます。

マシンのリールには、寿司、刺身、うなぎなどのシンボルが克明に描かれていて、BGMには、日本の伝統的な音楽である「雅楽」が使用されています。ちなみに、雅楽とは、平安時代(10世紀頃)に成立した音楽で、スロットのノートブックタブにも描かれています。

世界から長く隔絶されていたこの小さな島国・ニッポンが今、海外に大きな影響を与えているのは、一国民として嬉しく思うとともに、とても興味深いことですよね。一方、日本のゲーム業界もまた、特筆に値します。数十年にわたって、任天堂、セガ、ソニーなどの企業が日本で誕生し、テレビゲームを生み出してきました。

その結果、多くのカジノが日本のゲームを真似て、類似のゲームを作っているのです。例えば、NINTENDOとWiiゲーム機で人気の『Sushi Go Party』や『超回転 寿司ストライカー』などは、現在、日本のカジノのみならず、ラスベガスの人気カジノでもリメイクされています。

 

このとおり、日本文化は世界で最も人気のある文化のひとつで、どこを見回しても日本に関連するものが見つかると言っても過言ではありません。ただ気づいていないだけで、実は多くのものが日本から来ているのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!この記事では、21世紀のゲーム業界を中心に、日本が現代の文化にどのような影響を与えているかをご理解いただけたかと思います。ゲーミングやギャンブルの歴史についてもっと知りたい場合は、当ウェブサイトを引き続きフォローしてください。それでは、また!